感想文5

2017年 渡航時帰国感想文 その5
今年の渡航生徒の決意文も集まってきて、しおりを作成中です。
写真はシンガポールと言えばこれ!のマーライオンとマリーナベイサンズ。もう一枚はナイトクルーズのときに見かけたカラフルなアパートです。

☆2年 女子

 夏休みが始まったときはまだまだ先だと思っていたけど、あっという間に出発の日になった。私にとって、この5日間は大切な宝物になった。 
 成田から出発するとき、ワクワクよりも不安の方が大きくて、決意文にあった友達をいっぱい作るという目標を達成することができるか心配だった。でも飛行機から降りると一気に不安は消え、ワクワクでいっぱいになった。
 1日目はホテルに宿泊。ホテルがめっちゃキレイでテンションがあがった。もし次シンガポールに行く機会があったらまたこのホテルに泊まりたい。
 2日目、いよいよヒルグローブ中学校へ出発!バディーのフィービーと初対面。何を話していいか分からなかったけど、一生懸命伝えようとしたら分かろうとしてくれて、嬉しかった。夜はフィービー達7人で一緒に野外マーケットに行った。本格的な中華料理をみんなで食べた後ショッピングを満喫した。
 3日目、授業に参加。クラスに日本人はたった1人だったけど、その分みんなが沢山接してくれて、体育の授業のフリスビーでもパスを回してくれて楽しかった。夜は前日と同じメンバーでホームステイ先の家族の車に乗って観光に行った。みんなとっても親切でホームステイ先の家族とも仲良くなることができた。
 4日目最終日。練習してた歌の発表で、緊張し過ぎて度忘れしかけて焦った。でも、最後まで歌いきることができたので良かった。2日半のホームステイは本当にあっという間で、すごく楽しい時間だった。短い時間でも英語が上達した気がした。
 その後観光したチャイナタウンでは友達同士思い出話で盛り上がった。空港では夜遅い出発にも関わらずバディー達が見送りに来てくれて感激した。飛行機の中では英語が抜けきれなくて、カタコトの日本語でみんなで爆笑した。
 決意文に書いた目標の友達をいっぱい作るというのは達成できた。これからもその関係を続けていけるようにLINEなどでメッセージ交換をしていきたい。

☆3年 女子

 私が今回の渡航で得たものはまず英語がスムーズに口から出るようになったことです。最初は緊張もあって全く話せなかったけれど自分で努力して単語などを繋げて英語で伝えていくうちに自然と英語が出るようになって英語で話すのが楽しくなりました。行く前より全然英語力が上がったと自分で実感しています。
 もう一つは友達がたくさんできたことです。英語が話せるようになると会話もはずみシンガポールの人達はとてもフレンドリーだったのでたくさんの人が私に話しかけてくれました。シンガポールのことについても話してくれたし必ずすれ違う度に挨拶をしてくれました。
 ホストファミリーの方はとても優しく色々な観光名所に連れていってくれたり登下校は車で送ってくれました。そして最後にはたくさんのお土産をくれて(またきてね)と言ってくれました。
 この渡航はたくさんの人が準備をしてくれ私達がシンガポールに行くことが出来たので感謝の気持ちでいっぱいです。次行く機会があったら英語がスムーズに話せてたくさんの会話をしたいと思います。